2015年08月19日

いまさらですが、整理整頓のお勧め(3)

パソコンのハードディスクの役割は書類やデータの保管倉庫だと以前に書きましたが、倉庫も品物が増えるとスペースが減ってきます。特に画像や映像のデータを扱うと飛躍的にファイルサイズが大きくなり、パソコン購入時には余裕があると思っていたのが空きスペースがどんどん減ってきます。

ときどきディスクのプロパティーをチェックして空きスペースが少なくなると不要ファイルを削除するなどの作業が必要です。
空きスペースを作って新規ファイルを保存すると、OSが自動的に空きスペースを探してそこに保存してくれます。その空きスペースでは足りない場合は不足分を分割して別の空きスペースに保存してくれます。

ところがそれを繰り返すうちに、分割されたファイルが沢山できて、処理時間が長く掛かるようになります。それどころかエラーの原因にもなります。そこで一ヶ月に一度くらいのサイクルで分割されたファイルを整理・整頓してくれるプログラムを起動することで解決できます。
これがディスク・デフラグと呼ばれるソフトでWindowsに標準装備されておりますので実行されるのをお勧めします。ただし30分以上、場合によっては1時間以上掛かる場合もあるので、暇なときに実行する必要があります。それにあまり頻繁に実行するとディスクの寿命を縮めることになりますので、通常は月に一度くらいのペースで良いと思います。
デフラグは空きスペースが少ないと非常に時間が掛かるので、できれば空きスペースが50%以上の状態で実行されることをお勧めします。
商品や資材倉庫もときどきデフラグを掛けると効率アップになるのですが、これは大変ですよね
posted by 管理人 at 20:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: